セーフティトーイングとは
トーイングとは、ウインチなどのマシーンを使い、ハング
グライダーを地上から引っ張り上げるシステムのことです。
凧揚げのイメージに近いかと思います。
これにより、操作の不慣れな初級者は低高度で練習でき、
上級者は地上から高高度へ揚げて、牽引ロープを切り離し、
上昇気流を探しに行ったりすることが出来ます。
京都エアースポーツでは、このトーイングを進化させたシステムを開発しました。
それが、セーフティートーイングシステムです。

電車のレールのように、両サイドに100mの補助ワイヤーを張ることにより
左右へ蛇行したり、5m以上の高さに上らないように調整されています。
つまり、座っているだけで、操作を知らなくても真っ直ぐ飛ぶことが出来る仕組みです。

現在このシステムは安全性と効率の良さから全国のハンググライダースクールに認められ
講習に採用するスクールも増加しているほか、
JHF(公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟)では
ブラッシュアップとオールドパイロットの安全セミナーでも使用しております。
ショート(2時間)コース
午前(10:00~12:00)、午後(13:00~15:00)の2部制です。
最新のセーフティトーイングシステムを使用。
お一人で距離100m、高度5mを滑空して頂きます。
彦根観光もその日に楽しみたい方にお薦めです。
小学生から高齢の方まで簡単に浮遊体験をしていただけます。
【ショートコース: 7,000円(税込)】
空き状況・ご予約はこちらから
1日コース
10:00~15:00、最新のセーフティトーイングシステムを使用。
お一人で距離100m、高度5mを滑空して頂きます。
ハンググライダーの組み立てから、基本的な操作を習得して頂きます。
【1日コース: 11,000円(税込)】
空き状況・ご予約はこちらから
体験コースの流れ
1) 受付と、簡単な説明を受けて頂きます。
2) シミュレーターで簡単な操作の説明を受けて頂きます。
3) 組み立てます。
4) ヘルメット、膝パットなどを装備して
5) 飛びます。
6) 小さなお子様や、ご自分で走れない方などは、
 バリアフリーシートで飛んでいただけます。

ショート体験ですと数本飛んで頂き、浮遊、滑空する感覚を楽しんで頂けます。
操縦の必要はありませんので、どなたでもお楽しみになれます。
お写真など撮られますと記念になるかと思います。

1日コースですと飛んで頂ける本数が多くなり、操縦も多少行って頂けます。
休憩の時間などに空の話をしたりと、より深くハングライダーを知って頂ける
内容になっております。 多少体力は必要になってきます。
Copyright© 2002 - Kyoto Air Sports All Rights Reserved.